SoftwareEngineering/Java/UnitTest

JMockit Testing Toolkitチュートリアル

  1. 前書き
    1. 自動化された開発者テストとテスト分離
    2. モックオブジェクトによるテスト
    3. JMockitによるテストの実行
  2. エンタープライズアプリケーションのテスト
    1. アプローチのトレードオフ
  3. モック
    1. 模範型とインスタンス
    2. 期待
    3. 記録再生検証モデル
    4. テストされたクラスのインスタンス化と注入
    5. 期待通りの結果を記録する
    6. 引数値の柔軟な照合
    7. 呼び出しカウント制約の指定
    8. 明示的な検証
    9. 代理人:カスタム結果を指定する
    10. 検証のための呼び出し引数の取得
    11. カスケーディングモック
    12. 特定のインスタンスへの呼び出しの照合
    13. 部分的な嘲笑
    14. 不特定の実装クラスを模擬する
    15. 完全な検証とその他のバリエーション
  4. 偽造
    1. 偽のメソッドと偽のクラス
    2. 偽のクラスを適用する
    3. 不特定の実装クラスを偽る
    4. フェイキングクラス初期化子
    5. 呼び出しコンテキストへのアクセス
    6. 実際の実装に進む
    7. テスト間の偽物の再利用
    8. グローバルフェイク
    9. AOPスタイルのアドバイスを適用する
  5. コードカバレッジの測定
    1. ラインカバレッジ
    2. パスカバレッジ
    3. データカバレッジ
    4. カバレッジ出力のタイプ
    5. カバレッジツールの設定
    6. 複数のテスト実行の集計レポート
    7. 最小カバレッジの確認
    8. Mavenプロジェクトでカバレッジを有効にする
    9. カバレッジをオフにする
  6. 用語
    1. 英和

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-03-24 (土) 20:11:08 (628d)